【活性NK細胞治療】日本最先端のがん予防法

健康 | 美容
健康 | 美容
活性NK細胞治療
日本最先端のがん予防法
イントロダクション

活性NK細胞治療は、日本最先端のがん予防法です。

健康な方でも、がん予防や健康維持を目的として、簡単に行えることが特徴です。

当てはまる方 にお勧めです

  • 身内にがん
    身内ががんになってしまった方
  • ストレスが多い
    仕事や子育てでストレスの多い方
  • コロナ予防したい
    免疫力を強化したい方

 


中国における三大死因は、がん、心疾患、脳血管疾患です。4人に1人が、がんで亡くなっています。

身内ががんになった方は、遺伝的要因と食生活の繋がりが要因で、自身もがんになりやすい傾向があります。

また、日々のストレスは、がん発病のリスクを押し上げます

富田忠則
富田忠則

私の両親は共にがんになりました。

自分も不安で、この治療を受けました。

 

免疫力を強化して 安心

がんは、一度発病すれば、人生が大きく変わってしまいます。不安ですよね。

でも、免疫力を強化しておけば安心できます。

コロナ予防の効果もあり、今の時期にぴったりですよ。

 

免疫力の要 NK細胞とは?

NK細胞は、ナチュラルキラー (Natural Killer) 細胞の略称です。NK細胞が、それ単体で免疫機能を持っていることから、この名前がつけられました。

NK細胞は、誰もが生まれつき持っている免疫細胞です。特にがんに対して最強の免疫力を持っていることがわかっています。

NK細胞は どこにある?

NK細胞は、血液中にある白血球の一種です。

リンパ球中に約15~20%存在します。

NK細胞の働きは?


活性NK細胞は、がん細胞やウイルスを攻撃して、人を病気から守ります。

活性NK細胞が、がん細胞を攻撃している様子

恐ろしいことに、がん細胞は、健康な人のカラダでも1日に5000個も生まれていることがわかっています。

活性NK細胞が、この小さながん細胞を攻撃してくれているので、がんが発病せずにいられるのですね。

NK細胞の働き

NK細胞の活性率は 20歳がピーク

ところが、NK細胞の活性率は、20歳がピークでどんどん下がっていきます。

NK細胞の活性率の低下すると、新しく生まれるがん細胞に対して、攻撃漏れが起きる確率が上がります。攻撃を逃れたがん細胞は成長していき、実際にがんを発病させます。

NK細胞が低下すると…

活性NK細胞治療 とは?

活性NK細胞治療は、加齢と共に減ってくる活性NK細胞を20歳と同等以上になるように補います。

これにより、常時、フルパワーでがん細胞を攻撃できるようになります。

治療方法

治療方法はシンプルです。

  1. 採血した血液からNK細胞を分離します。
  2. 分離したNK細胞を増殖・活性化させます。
  3. そのNK細胞を点滴で体内に戻します。

培養元の細胞は、自分のものなので、副作用のリスクを抑えることができます

活性NK細胞の培養

治療の流れ

富田忠則
富田忠則

私の実体験に基づいてご紹介しますね。

1. 先生とカウンセリングして
治療方針を決めます

崔琳
崔琳

私が翻訳してお伝えします。
ご安心くださいね。

2. *腫瘍マーカーでがんの
リスクを測定します

*がんマーカーは、採血して検査することで、がんの有無、種類、進行度など判断できます。

がんマーカーは、活性NK細胞治療で必須ではありませんが、初回に行うことが推奨されています。

富田忠則
富田忠則

自分の現状を知れてホッとしました。

3. 採血します

4. 活性NK細胞を培養させます

培養は、病院内にある日本最大級の免疫細胞センターで行います。

NK細胞は 20~60倍 に増殖・活性化されます。

培養にかかる時間は10日から2週間です。

5. 活性NK細胞を点滴で
体内に戻します

1回の点滴で、活性NK細胞は、健康な人の約20人〜60人分になります。

富田忠則
富田忠則

大量の活性NK細胞を体に入れたとき、満たされた気持ちになりました。

6. 品質検査証明書をもらいます

冨田忠則のNK細胞検査証明書

活性NK細胞治療の流れは、以上になります。

活性NK細胞治療の効果で、3ヶ月〜半年ほど活性NK細胞が高い状態が続きます。

そのため、治療は1年に4回行うことが推奨されています。

富田忠則
富田忠則

治療は基本的に点滴だけで済みます。

病院と先生

内藤メディカル・クリニック

内藤メディカル・クリニックは、副作用の少ない、体にやさしいがん免疫療法の専門クリニックです。

2002年11月に開設されました。

内藤康弘 院長

内藤院長は、免疫療法の専門医です。

先生自身も、年4回の活性NK細胞治療を受けています。

内藤院長
富田忠則
富田忠則

先生は、今年80歳になられます。
とても実年齢に見えない若々しさですよ。

かかる費用の例

 <1回目の治療>
初診料 初回無料
腫瘍マーカー検査 (推奨) 17,000円(税込)
治療管理料 (初回のみ) 30,000円(税込)
活性NK細胞治療 1回 240,000円(税込)
  合計 287,000円(税込)
 <2回目以降の治療>
再診料  3,000円(税込)
活性NK細胞治療 1回 240,000円(税込)
  合計 243,000円(税込)

よくある質問

科学的根拠がありますか? この免疫療法は、がんの最先端の治療法として注目を集めています。大学病院など医療機関で研究が進められ、すでに治療が行われております。
副作用はありますか? 副作用は殆どありませんが、稀に点滴後、発熱がある場合があります。これは免疫力が高まっている過程での発熱です。発熱は1日程度でおさまります。
他の治療との併用は可能ですか? 問題ありません。サプリメント、食事療法、その他の免疫療法との併用は可能です。
いつから開始すればよいのでしょうか? 活性NK細胞が減り始める20代からがベストですが、今からでも遅くはありません。
この治療を国は認めていますか? 認められています。

日常生活でNK活性率を高める方法

NK活性率は、日常生活でも高めておく方法があります。具体的な方法は下記の9つです。
  1. 禁煙
  2. 飲酒を控える
  3. 質の良い睡眠
  4. 適度な運動
  5. 笑う
  6. ストレスをためない
  7. 体を温める
  8. バランスの良い食事
  9. 森林浴
日常生活でNK活性率を高める方法
まとめ

活性NK細胞治療は、日本で30年の実績がある免疫療法なので、安心して治療を受けることができます。

フルパワーでがん予防していきましょう!