【グラパラリーフの美味しい食べ方】チョコと金箔で「金の葉っぱ」にする

グラパラリーフ

グラパラリーフの味は、薄味のリンゴみたいな感じ。
栄養価が高いサボテンなんだけど、やや物足りない味だ。
そんなグラパラリーフを美味しく頂くには、チョコレートでコーティングするのがオススメ。
でも、今回は折角だから、もっと豪華にする方法を考えてみた。

グラパラリーフの苗からもぎ取った葉。
手で引っ張ると簡単に外れる。
ぷっくりしていて可愛い。

板チョコをカットする。
個人的に100円で買える板チョコでは、明治のミルクチョコレートが好き。
この板チョコは植物油脂でなく、本物のカカオバターが使われているのだ。

チョコレートを湯煎して溶かす。
お湯の温度は50℃~55℃くらい。
低温調理器を使うと楽に溶かせる。

グラパラリーフの付け根に爪楊枝を刺して、チョコレートを塗りたくる。
すでに美味しそう。
でも、今回はまだ続きがある。
あとで扱いやすいように冷蔵庫で冷やしておく。

オレオ

飾りに使う「食べれる土」を作ろう。
オレオをクッキーとクリームに分ける。
クッキーに少しクリームがついてる、とか、細かいことは気にしない。

クッキーを肉叩きで粉砕する。
少し形が残るようにした方が土っぽくて、しかも美味しい。

透明の栽培用ポットに詰める。
これは完全にふかふかした土だな。

冷蔵庫から取り出しだグラパラリーフに金箔を貼り付けていく。
ピンセットを使うとやりやすい。

出キタァ!
めちゃ神々しいぞ。

さっき、作った「食べられる土」にのせよう。
まさに「金の葉っぱ」だ。
しばらく眺める。
食べるのが惜しい。

充分に観賞したので、オレオ土と一緒に食べてみる
さてお味は、
最初にチョコレートの甘さがきて、間髪入れずグラパラリーフの瑞々しさに満たされる。最後は、オレオのカリカリ感!
ちょっと手間だったけど、美味しくて楽しかった。

動画で見たいからはこちら

追記:余っていた金箔で、セブンイレブンの「金のハンバーグ」を”本当の金”のハンバーにしてみました。

Follow me!

コメントを残す